ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 主婦バスガイド花子でございました! > 2016年7月


主婦バスガイド花子でございました!

[担当エリア] 札幌
北海道情報あれこれをバスガイド目線で紹介しちゃおっ



2016年7月


2016/07/29[この記事のエリア] 網走・紋別・北見・知床
イーグルライナーで知床へ@「知床五湖」に「フレぺの滝」に...

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)で、知床・網走へ行ってきました

 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)とは

北海道13社のバス会社が運行する、道内各地9路線(南は函館、北は名寄、東は知床など)の都市間高速バス

 

利用した「イーグルライナー(知床行)」は、1日1往復

所用時間、およそ7時間30分。道内の高速バスでは一番の長距離!

斜里バスの運行です

 

ウトロバスターミナルからシャトルバスに乗り「知床五湖」へ

「イーグルライナー」と同じく斜里バスの運行で、ピンクのボディにワシとタンチョウのイラスト!

目立ちます!

 

 車内は、ほぼ満席。

 

P7259748.JPG

 

P7259728.JPG

 

進行方向、左側の座席を確保し、海を眺めていきます。

幌別川で熊を探し…ブユニ展望台をかわします。

さっきまでウロウロしていた、ウトロ地区の眺めがバッチリ!

いつもは描写が忙しいんだよなーー

オロンコ岩にローソク岩、三角岩、そしてチャシコツ岬…今日は遠くに藻琴山まで!

P7259734.JPG

 

 

 途中、知床の山を正面に見ながら、30分弱で「知床五湖」に到着です

P7259751.JPG

 

知床五湖の見学方法が平成23年から変更になっています(ヒグマとの共存・植生保護のため)

誰でも無料で「1湖」まで歩ける「高架木道」と、事前レクチャーを受け有料で「5湖」をめぐる「地上遊歩道」の2つの方法があります。

「地上遊歩道」を歩くのも、時期により利用条件が変ります(3パターンがあります)

①ヒグマ活動期(5月10日~7月31日ガイドツアーへ申し込む→フィールドハウスでレクチャーを受講し認定証を受け取り登録引率者と同伴で出掛ける(ガイド料は5000円前後必要)

②植生保護期(開園~5月9日、8月1日~10月20日申し込み手続きをすることで地上遊歩道が自由に利用できます(申請書に記入→フィールドハウスで料金(大人250円・子ども100円)を支払う(申請書を受付に提出)→レクチャーを受講し認定証を受け取る

③10月21日~閉園までは自由利用期

 

 

P7259797.JPG

P7259749.JPG

 

私は、無料の高架木道を歩いて「1湖」まで、行ってきまーーす!

P7259753.JPG

 

木道は、すべて平らなので、車イスでも大丈夫です!

小さな子供達も元気に歩いていました!

 

「1湖」がきれいに見える「湖畔展望台」までは往復1.6キロ、約40分のコースです!

 

5分ほど歩くと「連山展望台」があります。

ここから見る知床の山は、最高にキレイでした!

P7259757.JPG

P7259762.JPG

 

えっと、向かって右からラウス、ミツミネ、サシルイ、オツカバケ、チエンベツ、イオウ…汗

合ってる?よね…展望台の看板に書いてあったもん。汗

IMG_3903.JPG

 

またまた10分弱歩くと…「オコツク展望台」です

遠くに「1湖」とオホーツク海が見渡せるのです!

 

P7259776.JPG

 

思わず叫んじゃうわよ!

「ほっかいど~~~は、でっかいど~~~」

止めといたけど…

 

P7259775.JPG

 

そこから更に5分も歩けば「湖畔展望台」に到着です!

「1湖」が間近に見えるのです!

ビューティフル!

P7259788.JPG

 

皆さん、写真を撮るのに夢中です…

ずーーっと眺めていたいけれど、バスの時間があるので~

IMG_3884.JPG

 

同じ道を引き返します!

 

だって…ゆっくりソフトクリームも食べたいし…

ほぼ、最後まで小走り状態です

 

走りながら、ヒグマを探したけれど…

ヒグマどころかエゾシカも現れなかったわ

太陽ジリジリ、暑すぎたのね

そーいえば、ヒグマもこの日は遅番だって言ってたわ…

 

そうそう、ここはヒグマがいても安心なの

なぜならこんな電気柵が木道沿いに張りめぐされているから。

P7259759.JPG

 

それにしても、絶景でしたわ!

山も湖も…

ね、ね、見て!見て!

FullSizeRender (30).jpg

 

このスケールの大きく美しい景色やおいしい空気を、誰かに自慢したくなっちゃった。

仕事で来なくちゃね!

 

ということで…

目の前を、仲良く手をつなぎチュッチュしながら歩く外国人カップルにやきもち焼きながら…

IMG_3915.JPG

 

ゴールです!

 

お決まりの「こけももソフトクリーム」

うまっ!!

1人で食べても、おいしいものは美味しい!

IMG_3931.JPG

 

さて、再びバスに乗車し「知床自然センター」へ。

P7259804.JPG

ここで、ネイチャーガイドの竹田さんと待ち合わせし「フレぺの滝」を案内していただきました。

 

バス停で、竹田さんともう1人の参加者Nさんが待っていてくれました。

 

「すぐに歩きましょう!なぜなら、ヒグマの目撃情報が入れば歩けなくなってしまいます」と。

なるほど、遊歩道入口にあったカレンダー…

7月は毎日休まずに出勤しています。皆勤賞を狙っているのでしょうか?

急がねば…

P7259814.JPG

 

「森林浴」を楽しむ間もなく、どんどん歩きます

P7259816.JPG

 

歩きながら、かしわ手?を打ちます。

「パン!パン!」

たまに「ほ~っほ~っ」と声も上げます。

これはヒグマ対策で、自分の居場所をヒグマに教えながら歩く…

最近、ガイドさんは熊除けの鈴を持ち歩かないのだそーです。

鈴の音に熊も慣れちゃった?常にチリンチリンとうるさいから?

 

ヒグマについてレクチャーをうけながら、どんどん歩きます

P7259819.JPG

 

「これはエゾヤマザクラ…開拓時代に植えられたと言われています。あまりにも石の多い土地や自然環境が厳しすぎたのでしょうか、今からおよそ100年前の大正時代に始まった開拓農家の歴史は、昭和40年代までにすべて離農されて幕を閉じました。このサクランボや山ブドウが目当てでヒグマがやってくるんですよ…」

 

P7259871.JPG

 

シカ対策で、樹木の根本に巻いたネットも食いちぎられています

犯人は…やっぱりヒグマ

お目当ては「アリ」

よく見ると、アリの巣穴になっていて、おびただしい数のアリが…

P7259873.JPG

 

そいこうしているうちに視界がパッと開けます

この辺りに、かつては集落があったのでしょうか?

P7259836.JPG

 

牛や馬も飼っていたのでしょう

野の花に混ざってクローバーやチモシーも…

 

足元に咲く、花の名前も1つ1つ…

IMG_3942.JPG

「これはピンクのノコギリソウ。葉がノコギリみたいだから。この黄色いのはキオンっていう名前ですよ」

IMG_3981.JPG

IMG_3940.JPG

 

そしていよいよ…

突き出た断崖に青い海…

P7259857.JPG

振り返ると…そこに流れていたのが「乙女の涙」(フレぺの滝)でした。

かなりの号泣です…

 

P7259854.JPG

 

やっぱり知床連山がビューティフル!

えっと、向かって右からラウス…(もういらないですね)

P7259858.JPG

 

ガイドの竹田さんが鳥を見つけてくれましたよ

なんと「オジロワシ」の幼鳥です!

小さいけれど、貫禄がある!

私のカメラでは、これが最高の倍率…泣

P7259842.JPG

 

やっぱりガイドさん付きの散策はいいですね。

このほかにも、エゾシカや外来種の植物についても教わりました。

色々と、アドリブやジョークを取りまぜながらの案内を楽しませていただきました。

ガイドの竹田さんは、今まさに「ホッカイシマエビ」が旬の野付半島のガイドも得意としています。

英語のガイドもバッチリ!

竹田さんのガイドを希望の方は「北海道宝島旅行社」(☎011-252-2111)まで

 

P7259863.JPG

ガイドの竹田さん、Nさん、とってもお世話になりました。

ありがとうございました!

 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)

「イーグルライナー」で、あなたも「オホーツクの夏」を楽しみませんか?

まだまだつづく

2016/07/29 07:00網走・紋別・北見・知床


2016/07/27[この記事のエリア] 網走・紋別・北見・知床
「イーグルライナー(知床行・高速バス)」で知床へ!@バス子の夏休み

観光シーズンまっただ中ですが、ありがたいことに6連休!

夏はやっぱり海に行かなくちゃ!と、いうことで… 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)で、知床・網走へ行ってきました

 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)とは

北海道13社のバス会社が運行する、道内各地9路線(南は函館、北は名寄、東は知床など)の都市間高速バス

 

利用した「イーグルライナー(知床行)」は、1日1往復

所用時間、およそ7時間30分。道内の高速バスでは一番の長距離!

斜里バスの運行です

中央バス札幌ターミナル23:15分発→ウトロ温泉バスターミナルには翌朝6:30分着(その後、各ホテルへ)

ウトロ温泉バスターミナル(その前に各ホテル経由で)9:20分発→札幌駅前ターミナル16:15分着

(知床行は札幌駅前ターミナルから乗車できません。また、札幌行は中央バス札幌ターミナルには停車しないので注意が必要です)

IMG_3700.JPG

 

 私は「中央バス札幌ターミナル」から乗車です

事前に電話予約し、当日中央バス札幌ターミナル窓口でチケットを受け取れるので便利ですよ。

 

 P7249578.JPG

 

23時過ぎなのに、待合室にはお客さまがたくさん!

この時間に、深夜便がまだまだたくさん発着しているのに正直オドロキ!

P7249577.JPG

 

乗り場にバスが入りましたので、いよいよ乗車します!

予約制ですので必ず座れるのが嬉しい!そして、安心ですね。

P7249579.JPG

P7249581.JPG

運転手さんは2人体制!(あ、1人は昔乗務したことのある人…)

夜行便ですので、すでに全席のカーテンは閉じられた状態です

 P7249583.JPG

                   

私の席は、後ろから2番目(女性が後ろで男性が前席のようです)

 

IMG_3707.JPG

この日は、なんと満席でした!

 車内は1人掛けシートで3列シートです。

車内中央にはトイレもあり、使用後の手拭き(おしぼり)も

IMG_3706.JPG

 

座席前の網ポケットには、車内誌、エチケット袋、音楽を楽しむイヤホーンなどが…

Wi-Fiが使えるのもうれしいサービスです!

 

IMG_3714.JPG

 

 発車同時に、運転手さんのアナウンスが…

「夜行便のため、10分後には車内灯が消えます。明かりが必要な方は頭上の室内灯で…」

急いでスリッパに履き替えます

フットレストを上げてリクライニングシートを倒し、ひざ掛け毛布にくるまって…

「おやすみなさーーーい!」

 

 

 とにかく「寝る」ことだけに徹します!

他のお客さまも、そんな感じでした。笑

車内は当然ですがシーン…

 

バスが数時間おきに停車するので、ドライバーさんは何度か交代している気配は感じます。

 

気が付けば、カーテンの隙間から明るい陽が差し込んでいます

チラッと、外を見みると…「斜里岳」がきれい!

もう、だいぶ知床が近いと感じます

IMG_3710.JPG

 

 そして久しぶりのオホーツク海!

カメさん!(チャシコツ岬)のお尻をかわすと、ウトロ地区へ入ります。

そろそろ、降りる準備をしなくちゃね!

P7259593.JPG

 

 

「イーグルライナー」ウトロバスターミナルに到着!

バスのボディにもワシ(イーグル)が!

カッコイイですね!

P7259594.JPG

 

ターミナル内には、早朝に着くお客さま用の「休憩所」がありました。親切です…

 

 

P7259598.JPG

 

 

 休憩所のドアを開けてみると…

なんと「スカイバス」が~

このバスで、知床観光だなんて…爽快で気持ちがいいでしょうね!

(私はスカイバスのバスガイドがしたい…)

P7259599.JPG

 

 早朝にウトロに着いても大丈夫!「イーグルライナー」利用のお客さま限定で…

温泉入浴と朝食がセット(どちらも3000円弱)になったお得なプランがあるんですよ!

・知床グランドホテル北こぶし

・知床プリンスホテル風なみ季

・知床第一ホテル

・ホテル知床(夏季のみ営業)

・ホテルグランティア知床斜里駅前(要予約)

 

↓イメージ写真(入浴シーン)

FullSizeRender (27).jpg

P7259646.JPG

 

 

「イーグルライナー」(ウトロまで)気になる運賃は…

 

大人往復15430円(片道8230円)

4枚つづりの回数券だと28810円(通常より4110円お得)

また、学生割引もあって往復13370円(片道7200円)なんです!!

 

4枚つづり回数券を2人で使えば、1人当たり札幌~知床の往復で14405円!

お得です!

 

JR利用ですと網走、知床斜里駅からの乗り換えが正直面倒…

運賃も…高い!(イーグルライナーだと、JRのおよそ半額です)

 

イーグルライナーだと、目覚めたら、そこは知床!

時間にロスがなく、その分たくさん観光できます!

 P7259788.JPG

ということで、着いたその日はめいっぱい「知床観光」を楽しみ…夕方に網走へ移動し1泊。

翌日、網走発の高速バス「ドリーミントオホーツク号」(22:40分発札幌行)で帰ることに。

まるまる2日間、オホーツクを満喫しちゃいました!

旅の様子は…つづく!

 

 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)

ぐうたびの「北海道夏のバス旅特集」も、みてね! 

 

では、いってきまーーーす!

2016/07/27 10:20網走・紋別・北見・知床コメント(0)



野乃花子

Profile

[ 名前 ]
野乃花子

[ 職業 ]
バスガイド

[ 自己紹介 ]
高校卒業後、憧れのバスガイドになりました。退職後フリーバスガイドで学費を工面しながら遅い学生生活をエンジョイ!保育士・幼稚園教諭・社会福祉主事の資格を得て実習先の保育園からスカウトが来るも卒業と同時に結婚。5年前から契約バスガイドに転職し気が付けば、バスガイド一筋27年!これからも北海道観光を応援していきます!2005年開設のブログ「主婦バスガイド花子でございます!」でも北海道情報を発信中です http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/


RSSを購読する


他のエリアBLOG