ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG 主婦バスガイド花子でございました!


主婦バスガイド花子でございました!

[担当エリア] 札幌
北海道情報あれこれをバスガイド目線で紹介しちゃおっ



新着記事


2017/01/26[この記事のエリア] 帯広・十勝
「元気な十勝」体験ツアー@ウインタークルージング!

「元気な十勝」体験ツアー、最終日です。

お世話になった、十勝川温泉「観月苑」さんとお別れです。

P1203005.JPG

 

この日の朝は、ずいぶんとしばれまして…

気温はマイナス15度。

P1203007.JPG

 

空気はピーンと張りつめ、冷たさが肌にささります…

樹氷、霧氷、そしてダイヤモンドダストにけあらし…

今年で一番の寒さを体感しました。

さすが十勝!

この寒さが、この上なく美しい景色をつくりだしてくれるのです!

 

 

P1203013.JPG

P1203042.JPG

FullSizeRender (11).jpg

 

シベリアから渡って来たハクチョウが羽を休めています

息をのむほどの美しさって、このことをいうのですね…

 

P1203021.JPG

FullSizeRender (16).jpg

 FullSizeRender (26).jpg

街中を流れる帯広川をゴムボートで下ります。

「ウインタークルージング」体験! 

「イチ・二」「イチ・二」と声をあわせ、皆さんとパドルを操作

そのうちに、トイレに行きたくなり…

それどころではなくなりました…

幻想的な景観や雰囲気をぶち壊すよーに「すみません、もうガマンできません」「あと何分ですか」

乗り合わせた皆さん、ゴメンナサイ…

前のボートを抜いて、先にゴール!

P1203057.JPG

IMG_5934_original.JPG

 

IMG_6158_original.JPG

 

IMG_6105_original.JPG

P1203077.JPG

 

体験後は

あったかいコーヒーと六花亭「サクサクパイ」

サクサクの賞味時間3時間!

あったまる~

サクサクおいしい~

 

IMG_0400.JPG

 

 

 さて、先月8日にOPENしたばかりの「ガーデンスパ 十勝川温泉」へ

P1203118.JPG

 

施設内には十勝の味覚が堪能できる4つのレストランや農産物の購入ができるマルシェや

チーズや生ハムづくりがたのしめる体験工房などもあります。

P1203090.JPG

 

私は、冷えた体を温めたいのでスパへ!

ここは混浴!でも、男女ともに水着着用なので…安心?

水着、バスタオルも入浴料に含まれていますしスキンケア類も十勝川温泉成分の入ったオリジナルなものが用意されていました

 

P1203094.JPG

 

P1203093.JPG

 

内風呂の他に、露天風呂、そして水の遊び場(プール)もあるので、老若男女を問わず家族でも恋人同士でも…

みーんなで楽しめちゃいますよ!

 

IMG_0406.JPG

 ♪いで~ゆ いで~ゆ とんとろ 十勝川~

「十勝川温泉小唄」をハミング~笑

 

FullSizeRender (25).jpg

 

湯上りはお決まりのソフト!

カマンベール味ソフトクリームですよ~

ひゃー、美味しすぎました!カマンベールチーズそのまんまの味!

 

IMG_0421.JPG

 

今、ソフトクリームを食べたばかりなのに…

「大地の匠」さんで十勝(芽室)の牛を食べました。

P1203133.JPG

 

P1203119.JPG

 

うーーん、満足!

やっぱり、旅に出ると太るって…本当みたい。

P1203127.JPG

 

食後は、黄色いバスの十勝バスさんに帯広駅へ送っていただき十勝とお別れです!

P1203048.JPG

 

3日間お世話になった皆さま、ありがとうございました!

cherryおまけ

十勝川温泉の冬のイベント「彩凛華」が始まりました!

詳しくはコチラから(2月26日まで)

P1192977.JPG

P1192981.JPG

2017/01/26 19:20帯広・十勝コメント(0)


2017/01/26[この記事のエリア] 帯広・十勝
「元気な十勝」体験ツアー@タウシュベツ川橋梁

2日目のメインはタウシュベツ橋見学ツアー!

凍った糠平湖を横断し「タウシュベツ川橋梁」を見に行きます。

雪の中を、スノーシューを履いて往復4キロ(3時間)歩きます。

「犬そり」も「馬そり」もありません…

ぁ…トイレもありません。汗

ただ、ひたすら橋を目指して歩きます…

朝から水分ひかえて、挑みましたよーーーっ!(橋を見に行くのは、2009年2月以来2度目です)

 

P1192882.JPG

 

 

「旧国鉄士幌線」跡です

P1192883.JPG

 

ポツンと1本残された巨木(推定樹齢250年)が、かつてこの辺りが「木材のまち」として賑わっていた頃の面影をとどめています。

この木は、中が空洞だったため切られずに残されたのだそーです。

昭和15年、周辺山林で伐採した木材を運ぶ目的で開通したのが旧士幌線(帯広-十勝三股)。

その頃の日本は、太平洋戦争前夜の時代~

鉄は軍備に使用するためわずかしか使用できず、コンクリートを主としてつくられたのが「タウシュベツ橋梁」

木材を運ぶ列車に耐えられるようにと、この形(アーチ橋)になったのだそうです

その後、

国道の整備や木材資源の減少によって廃線になり、糠平ダムが完成するとタウシュベツ橋は湖底に沈んでしまいます。

 

 

P1192887.JPG

 

P1192889.JPG

 

林をぬけて、ようやく湖上に…

P1192892.JPG

 

とても珍しい「きのこ氷」も出現!

P1192925.JPG

 

 

 鉄道の廃線により、アーチ橋も解体の危機に陥りますが、地元住民が主体となり「ひがし大雪鉄道アーチ橋保存会」を発足。

町が、34の橋と線路跡を譲りうけることになりました。

 

6-10月は水位が増すので湖底に沈み、1月頃に出現する「幻の橋」

 

 

P1192903.JPG

 

最近は特に老朽化が進み、いつ崩落してもおかしくないのだそうです…

確かに、近くで見ると8年前よりはだいぶコンクリートが欠けているようです

 

 

P1192917.JPG

 

太い針金のような鉄も、むき出しになっています

日本の「産業遺産」そして「北海道遺産」であるタウシュベツ川橋梁

いつまでも残しておきたい日本の、北海道の宝物。

 

P1192924.JPG

 

 ツアーのようすは、その日の「十勝毎日新聞」夕刊でも大きく紹介されました

 

P1192998.JPG

 

 

たくさん歩いた後はランチタイムです。

廃校になった小学校(東居辺小学校)を再利用したレストラン「トバチ」さん

 

寒いところから、急に暖かい室内に入り…ホッペが真っ赤に…

P1192939.JPG

 

 

十勝ハーブ牛を100%仕様した手ごねハンバーグ!

ジュ―ジュ―と、鉄板の上から聞こえる「おいしい音」を聞きながら完食です。

「ごちそうさまでした!」

P1192944.JPG

 

小学生仕様の、低い位置の手洗い。

ここを見なければ「旧小学校」とは気が付かない、おしゃれなレストランです!

 

P1192938.JPG

 

P1192959.JPG

 

 

 

 

 

つづく

 

cherryおまけ

十勝川温泉の冬のイベント「彩凛華」が始まりました!

詳しくはコチラから(2月26日まで)

 

 

P1192994.JPG

 

P1192978.JPG

2017/01/26 12:20帯広・十勝コメント(0)


2017/01/23[この記事のエリア] 帯広・十勝
「元気な十勝」バスツアー@ジュエリーアイスの大津海岸

1月18日‐20日まで3泊3日で、十勝総合振興局主催の「元気な十勝」モニターツアーに参加してきました。

昨年夏に3度の台風で観光面でも大きなダメージを受けた十勝を「元気ですよー」とPRするのが目的。

十勝でしかできない冬の体験、冬ならではの十勝の景観を堪能してきましたよ~

まずは、昨年12月22日に復旧した待望の「特急おおぞら」で、帯広へ向かいます!

列車でGO~!(ってゲーム、ありましたね)

 

FullSizeRender (23).jpg

およそ2時間半の移動で帯広駅に到着。

列車内では、とにかく眠りました…

ここのところ毎日、朝早く夜遅い仕事が続いていたもので~

だんだん疲れが取れにくいお年頃ですので、休める時に休んでおかなくちゃね。

 

黄色い「十勝バス」さんに3日間お世話になります。

1番後ろの席が指定席…汗

 

P1182747.JPG

 

 

空港へも参加者をお迎えに行きます。

サイロの時計塔が、いかにも十勝って感じですね!

確か、この建物は黒川紀章さんの設計だったはず!(バスガイドさんの案内ポイントね)

奥さまは若尾文子さん!

ま、どーでもいいか…

 

P1182768.JPG

 

空港ターミナルビル内に、ばん馬が…笑

ほぼ、実物大なんですって!1tを超える馬も珍しくないですからね。

ばん馬は、マッチョで格好良し!

 

P1182765.JPG

 

帯広市から幕別町を通り豊頃町へ

ヒャッホ~!十勝晴れです!「ほっかいどうはでっかいどう~!」って、心の中で叫ぶ!

P1182753.JPG

 

そうして着いたところが…

最近「ジュエリーアイス」で話題の大津海岸。

十勝川の河口です。

十勝って…とにかく寒い!1月~2月にかけて気温がマイナス20度以下になることも珍しくないんです。

 

さて、砂浜一面の氷はというと…

結氷した川の氷が1度海へ放浪の旅に出て…波にもまれ角が取れて丸くなる…

そして、満ち潮になると海岸に打ち寄せられたものだそうです。

 

うんちくを語ると…なんだか美しさ半減。

まずは、写真をごらんください!

あ・・・BGMにドリカムの「星空が映る海」を流しながら読んでね!

 

「海と氷と空と…」

 

 

IMG_0437.JPG

 

 

P1182801.JPG

 

氷の大きさも、畳大から手のひらサイズまで…

手のひらサイズのものを、誰が名付けたのか「ジュエリーアイス」というのだそうです

「ジュエリーアイス」ステキな響き

 

 

FullSizeRender (20).jpg

 

FullSizeRender (17).jpg

 

朝日や夕陽に照らされた「ジュエリー海岸」(大津海岸)を想像してみる

ここにしかない、日本唯一の景観!

 

 

P1182815.JPG

 

FullSizeRender (21).jpg

 

 

ジュエリー海岸でプロポーズ!

いいかも…

 

 

FullSizeRender (19).jpg

例えば・・・

氷のダイヤモンド!大好きな人にもらえたら…女子ならきっとうれしい!笑

(手が、しわくちゃ…年齢かくせない。汗)

すごい!何カラットあるんだろう~

P1182806.JPG

 

とってもとってもキレイでしたが…

とってもとっても寒いです。

完全防備でお出かけくださいませ。

 

その後はワイン城へ(池田町)

 

P1182836.JPG

 

 

山野に自生する山ぶどうに目を付け、自治体として初めてワインの製造販売に取り組んだ池田町の取り組みについて説明を聞きます

 

P1182847.JPG

 

そして、お楽しみ!試飲コーナーへ

お腹の中が、ふわっと温まりました

 

P1182848.JPG

 

 

バスの中では「バナナまんじゅう」をごちそうになり…

 

P1182861.JPG

 

糠平館観光ホテルに到着です

雪見の露天風呂で体の芯から温まります~

♪いい湯だなぁ~ははは~ん~

FullSizeRender (24).jpg

 

 

 

つづく!

 

cherryおまけ

十勝川温泉の冬のイベント「彩凛華」が始まりました!

詳しくはコチラから

 

P1192976.JPG

 

P1192986.JPG

2017/01/23 09:31帯広・十勝コメント(0)


2016/08/08[この記事のエリア] 網走・紋別・北見・知床
網走と言えば「監獄」に「温泉」に、それからそれから「プラネット・オブ・ブルー」!

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)で、知床・網走へ行ってきました

 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)とは

北海道13社のバス会社が運行する、道内各地9路線(南は函館、北は名寄、東は知床など)の都市間高速バス

 

22:40分網走バスターミナル発「ドリーミントオホーツク号」(網走・北見→札幌行)の乗車時間まで

「博物館網走監獄」を見学します。

昔の網走刑務所の建物が、天都山という山の麓に移築復元されたもので、8棟が今年(2016年)国の重要文化財に、また6棟が登録有形文化財に指定されたのです。

ここを時間に制限されずに見学するというのが、今回の旅の目的でもありました!

P7260241.JPG

網走バスターミナルから路線バスで15分ほどで到着です

脱獄王の白鳥由栄に一礼し、いってきます!

P7260257.JPG

 

博物館をめぐる前に「旧網走監獄庁舎」(国・重文)を見学。

囚徒が切り開いた北海道開拓の歴史を学びます。

P7260265.JPG

 

P7260281.JPG

 

「散策マップ」をもとに、一つ一つの建物を見て周りました。

その中の一部を紹介します。

人形がリアルすぎます…

 

「休泊所」(別名:動く監獄)

P7260364.JPG

 

P7260362.JPG

 

「旧網走監獄 舎房」

P7260534.JPG

P7260558.JPG

 

「中央見張所」

P7260537.JPG

 

「旧網走監獄 教誨堂」

P7260582.JPG

 

P7260586.JPG

 

おなじみ、受刑者たちの入浴シーンや…

P7260579.JPG

作業風景

P7260463.JPG

 

食事のシーンも…

P7260458.JPG

 

気が付けば、ココに3時間以上もいてしまいました。

だって、ここの敷地は東京ドーム3.5個分…隅から隅まで歩きましたから…大汗

閉館時間ギリギリまで見学し、路線バスに乗ります

P7260600.JPG

 

早朝から自転車をこいだり、歩いたり…

いい汗をかいたので、日帰り入浴へ

網走湖がきれいです。

FullSizeRender (12).jpg

 

いい~湯だなぁ~~

IMG_4325.JPG

 

そのあとは、市内に戻り…

喫茶店でコーヒー飲んで…

専門学校時代の同級生と、バー「THE EARTH」で、待ち合わせます。

IMG_4351.JPG

 

 

ここに来たら、やっぱり「プラネット・オブ・ブルー」

アルコール度数35度くらいあるそーで…

1つ飲んだら、酔っぱらえます。

本物の流氷を地球のようにまん丸い形に整えます

(新千歳空港3階にもお店があり、同じものが飲めますよ)

IMG_4369.JPG

 

マスターの鈴木さん、カッコよすぎ…

ファンです!

IMG_4408.JPG

カウンターに座り「シャカシャカ」を見るのが楽しみ。笑

「たたみいわし」のチーズサンドも、骨粗しょう症が気になる中年おばさんにはウレシイおつまみ。

美味しゅうございました。

IMG_4398.JPG

 

そうそう、同級生は私よりも6才年下です(私、社会人を6年やってから学校にいったので)

現在、網走市議をしています。

誰よりも網走を愛し、誰よりも網走LOVEということで…

こんな小冊子を紹介されます

その名もズバリ「LOVEあばしり」笑

IMG_4375.JPG

 

あ…市内のお店で使える割引クーポンなども付いていたんですが…

ジアスで使うの忘れました…笑

 

あとは「ねぇさん、ブログで宣伝してー」と…

8月7日の夏祭り…

「オホーツク流氷館 グランドオープン1周年記念イベント」

IMG_4386.JPG

 

ごめん…

もう、過ぎていました…

のんびりし過ぎました…

ん?でも、チラシをよーーーく見ると

明日、8月11日(木・祝)もあるじゃないですか!

13:00~スイーツマルシェ

18:00~カクテル・ビアガーデン

そして、夜は花火大会!!

場所は天都山展望台「オホーツク流氷館」です

 

絶景テラスで乾杯しよう!!

明日ですよ!明日!!

 

ここで、バスの時間ギリギリまでおしゃべりして(つきあってもらい)

22:40分発「ドリーミントオホーツク号」で帰ります。

P7260614.JPG

 

「北海道北見バス」の運行

IMG_4448.JPG

 

IMG_4459.JPG

3列シートで1人掛けイス。

行きも帰りも、後ろから2列目の「非常口席」でした。笑

もちろん、トイレもおしぼりも、音楽を楽しむイヤホーン、スリッパ、Wi-Fiも使え、車内誌もあり…

コンセントもついていて快適でした…

と言うか…

「プラネット・オブ・ブルー」マジックにかかり、即熟睡…

あっという間に「朝=札幌着」でした!

 

IMG_4464.JPG

 

 

「ドリーミントオホーツク号」気になる運賃は?(網走→札幌)所用時間6時間弱

・片道6390円(往復12040円)

・4枚綴り回数券22720円(通常より2840円お得)

・学生割引5760円(往復10800円)

 

JRですと、往復で16460円で所用時間5時間半

 

高速バスですと、JRよりも往復で4420円もお安く所用時間は30分も違いません)

また、JRは1日2往復ですが、高速バスは早朝から深夜便まで1日9往復運行しています!

 

速く安く快適なドリーミントオホーツク号!は、1度乗ってみる価値ありですよ!!

2016/08/08 10:31網走・紋別・北見・知床コメント(0)


2016/08/01[この記事のエリア] 網走・紋別・北見・知床
「ドリーミントオホーツク号」の発車まで、網走界隈をのーーんびり!?

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)で、知床・網走へ行ってきました

 

「楽でお得」なRAKUTOKU BUS13(ラクトクバス13)とは

北海道13社のバス会社が運行する、道内各地9路線(南は函館、北は名寄、東は知床など)の都市間高速バス

 

「イーグルライナー(知床行)」は、1日1往復

所用時間、およそ7時間30分。道内の高速バスでは一番の長距離!

斜里バスの運行です

 

知床観光を終えた私は、斜里町内をぶらぶら…

そして、JR釧網線で網走へ移動し1泊します。

翌日は22:40分網走バスターミナル発「ドリーミントオホーツク号」(網走・北見→札幌行)で帰ります。

網走での時間はたっぷり!

仕事では数えきれないくらい行ってますが…

誰もいない「小清水原生花園」に行ってみたくて…翌朝も早起きし6:45分発の釧網線へ乗車しました。

 

(列車内で、コンビニコーヒーと100円クリームパンの朝ごはん)

IMG_4027.JPG

 

駅舎にカフェも併設され人気の「藻琴」「北浜」駅を通過

30分ほどで、夏だけ列車が停車する「原生花園」駅へ

IMG_4048.JPG

 

想像以上に花がたくさん咲いていました

FullSizeRender (39).jpg

 

ハマナス、エゾキスゲ、ハマエンドウ、エゾカワラなでしこ、エゾフウロ…

 

P7260010.JPG

 

特に、キスゲが満開!

いつもお客さまを誘導する高台の展望台まで行ってみた…

それを狙って早朝に出かけたんですが…

ほんとに、だれもいない…

P7260020.JPG

 

海岸へ…

P7260026.JPG

 

IMG_4087.JPG

 花や虫に、いちいち足を止めるので…

なかなか海岸線へたどりつきません…

 

↓ラブラブな虫?(ジックリ観察)汗

IMG_4171.JPG

IMG_4176.JPG

 

FullSizeRender (40).jpg

 あった!これ、私もシャカシャカしてみたかったんだ~

P7260034.JPG

 

IMG_4096.JPG

 飲んでみた!

鉄臭い

良くみたら…「飲めません」の張り紙。汗

でも大丈夫。お腹痛くならなかった。

P7260040.JPG

 指定席にすわり、ずーーっと海を眺めていました IMG_4155.JPG

FullSizeRender (46).jpg

 2016.7.26

オホーツク旅

バスガイド花子

IMG_4145.JPG

 本当は8:30過ぎの列車で網走に戻ろうと思ってたんですが

やめました

IMG_4050.JPG

 なぜなら…

無料のレンタサイクルをみつけたから

P7260097.JPG

 

隣の売店で、紙に名前と住所を書いて鍵を受け取ります

さ~「ヒオウギアヤメ」と一緒にお出かけです!

P7260098.JPG

 

とりあえず「北浜駅」へ!

ずーーーっと幅広歩道が付いてるし、平らな道なのでス――ィスイ!

P7260202.JPG

 とうふつ湖を眺めながらペダルをこぎます!

FullSizeRender (47).jpg

 涼しいし、サイクリング日和!

藻琴山が半分かくれちゃってるけどね…

FullSizeRender (48).jpg

 北浜に入りました

せっかくここまで来たし、これまたひさっびさ「白鳥公園」へ

冬以外に行ったことないな…

P7260113.JPG

 

P7260129.JPG

 

P7260128.JPG

漁を終え、網の片付けをしている漁師さんとおしゃべり

私の自転車を見て「なに、わざわざ原生花園から来たのかい?」

「はい!ところで、どんな魚がとれるんですか?」

「カラフトマスだよ」

「昔はここで南極探検隊の訓練をしたんだよ。樺太犬のタロ・ジロもきたんだよ」

へ~

P7260168.JPG

 

FullSizeRender (49).jpg

 私は隣の「ばぁちゃんのだんご」が気になって仕方がありません…

「今はもうやってないんだよ」

「え――残念。どんなおだんごだったんですか?」

「いもとか、かぼちゃとか…食べたかったかい?」

「すっごく食べたかった~」

P7260169.JPG

 

「水鳥・湿原観察センター」へ

P7260133.JPG

 とうふつ湖の歴史(今昔の暮らし、動植物、魚など)についてわかりやすく展示されています

P7260154.JPG

 スタッフの方が望遠鏡で、シギ・チドリ・オジロワシを見せてくれました

P7260151.JPG

 

その後「北浜駅」へ

ここ、プライベートで訪ねるのは4度目

FullSizeRender (50).jpg

 なーーんにもかわっていない

あたりまえか…

FullSizeRender (51).jpg

FullSizeRender (52).jpg

 駅舎横の展望台に上がってみた。

うん!海が近い!

IMG_4217.JPG

 ついでに「藻琴駅」へも

IMG_4219.JPG

 

ホームに出たら、女性がひとり…

IMG_4222.JPG

 ここで、コーヒー飲みたかったけれど…

時計を見たら時間が!!

次の列車11:38分を逃すと夕方16時代まで列車がありません。

乗り遅れては大変!

ノンストップで原生花園へ戻ります。

多分、30分かかってない…

 

かなり飛ばしたので、少し時間に余裕が出来た。

自転車を返却し、売店でお礼にお茶とアイスクリーム(アスパラと流氷味)を買う

流氷アイスは、塩ミルク味!ダイス状の氷の粒が入ってておいしすぎた!

IMG_4182.JPG

P7260205.JPG

 「快速しれとこ」で網走へ

FullSizeRender (54).jpg

 

P7260220.JPG

 

「ドリーミントオホーツク号」の出発時間は22:40分。

まだまだ網走を満喫します!

「ドリーミントオホーツク号」気になる運賃は?(網走→札幌)所用時間6時間弱

・片道6390円(往復12040円)

・4枚綴り回数券22720円(通常より2840円お得)

・学生割引5760円(往復10800円)

 

JRですと、往復で16460円で所用時間5時間半

 

高速バスですと、JRよりも往復で4420円もお安く所用時間は30分も違いません)

また、JRは1日2往復ですが、高速バスは早朝から深夜便まで1日9往復運行しています!

 

速く安く快適なドリーミントオホーツク号!は、1度乗ってみる価値ありですよ!!

2016/08/01 09:20網走・紋別・北見・知床



野乃花子

Profile

[ 名前 ]
野乃花子

[ 職業 ]
バスガイド

[ 自己紹介 ]
高校卒業後、憧れのバスガイドになりました。退職後フリーバスガイドで学費を工面しながら遅い学生生活をエンジョイ!保育士・幼稚園教諭・社会福祉主事の資格を得て実習先の保育園からスカウトが来るも卒業と同時に結婚。5年前から契約バスガイドに転職し気が付けば、バスガイド一筋27年!これからも北海道観光を応援していきます!2005年開設のブログ「主婦バスガイド花子でございます!」でも北海道情報を発信中です http://ivory.ap.teacup.com/matchin7/


RSSを購読する


他のエリアBLOG