ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG ゴールデンレトリバー3頭と楽しむ北海道ライフ > 2011年1月


ゴールデンレトリバー3頭と楽しむ北海道ライフ

[担当エリア] 札幌
大型犬3頭を連れて“北海道を遊び歩く”ぐーたら一家のブログ



2011年1月


2011/01/22[この記事のエリア] 洞爺湖・室蘭
【犬旅】洞爺山水ホテル和風(かふう)~2日目
前記事の続きです…
 
 
ぐっすり眠った翌朝。
 
 
ヴィエナが「ぴーぴー」と鼻を鳴らしたので、「チッコかな?」と散歩に連れ出すことにしました。
 
我が家の犬達は、外でしか「チッコ&ウンウン」をしないので、ちょっぴり面倒…。
 
ロビーを歩いて外に出る直前、シャロンが我慢できずにちびってしまいました…。
 
「万が一」を考えて、ペットシーツを広げて手に持っていたぐーたらママは、すかさずシャロンの下に
 
ペットシーツを敷いて間一髪!
 
こぼれてしまった「チッコ」は予備のペットシーツで完全に吸い取り、犬用の除菌消臭スプレーで
 
消臭しましたが、もちろんスタッフの方に報告しました。
 
スタッフの方は、嫌な顔ひとつせず「大丈夫ですよ~」と消臭スプレーを持って駆け付けてくれました。
 
朝早くから粗相してごめんなさい!
 
 
↓ スタッフの皆様、ごめんなさい…  (by シャロン)
 
シャロン
 
 
★犬連れ旅行のわんポイント★
 
今回のシャロンの粗相は、完全に飼い主のミスです。
 
普段の生活では粗相しない犬でも環境の変化によって水をたくさん飲んでしまったり、
 
雪遊びで冷えて「チッコ」の回数が増える事があります。
 
朝まで我慢させるよりも、夜中に一度散歩に連れ出すなど、飼い主が気を付けてあげるべきでした。
 
普段、ペットシーツでは「チッコ&ウンウン」をしない我が家の犬達ですが、旅行の際は必ずペットシーツを
 
多めに持参します。今回のような粗相があった場合、「雑巾」で拭き取るよりも、ペットシーツを裏返して
 
上から足でふみふみしながら吸い取る方法が効果的です。
 
表面に逆流防止のカバーが付いているような高級なペットシーツよりも、安いペットシーツの方が
 
良く吸い取ります。さらに「犬用の除菌消臭スプレー」で臭いを除去しておけば、他のワンちゃんが
 
マーキングしてしまうのを防ぎます。
 
もし、粗相をしてしまった場合は、必ず宿のスタッフさんに報告しましょう。
 
 
 
早朝のお散歩ですっかり体が冷えてしまったので、早速、朝の温泉へ。
 
夜とはまた違った大浴場&露天風呂の雰囲気の中でのんびり湯浴みを楽しみました。
 
 
 
「そろそろお腹が空いたなぁ」と思っていたら、宿の方が、お布団を下げて朝食を運んで来てくれました。
 
 
↓ 朝食ももちろんボリューム満点です!
「朝からこんなに食べられへーん」と思ったのに、美味しかったのでペロリと食べれちゃいました。
左上のサラダについている「和風特製のごまドレッシング」はお土産として購入できますよ。
 
朝食
 
 
名残惜しいのですが、いよいよチェックアウトの時間がやってきました(泣)。
 
 
↓ チェックアウトをするお父ちんを見つめるエール&ヴィエナ&シャロン。
ちなみにお正月(1/2)の宿泊、夫婦2人+大型犬3頭で3万円でお釣りが来ますよ。
 
チェックアウト
 
 
お父ちんは、「来年のお正月の分を予約して帰ろうかな。」と言っていましたが、それはちょっと早すぎですね…
 
犬連れじゃない人も犬連れの人も、ぜひ「ぐうたび」で予約をしましょう(笑)。
 
 
 
 
和風(かふう)を出てから、洞爺湖周辺でのんびり散歩を楽しみました。
 
 
↓ 中島を望む洞爺湖をバックに「ハイ、ポーズ!」。
ヴィエナ(真ん中)は得意のポーズを決めてくれました。
 
洞爺湖
 
 
 
夏は観光客で賑わう「とうや湖ぐるっと彫刻公園」は、冬こそ写真撮影の穴場的スポットです。
 
洞爺湖の西側にある一番目立っている彫刻「月の光(イゴール・ミトライ)」がある辺りは、
 
駐車場も除雪されているので、のんびり鑑賞することができますよ。
 
 
↓ 夏の「月の光」はこんな感じですが…
 
夏の「月の光」
 
↓ 冬の「月の光」はなんとも不思議な印象(写真は2010年の冬)。ね?写真を撮りたくなるでしょ?
 
冬の「月の光」
 
 
 
↓ エールとシャロンが、「また来年のお正月に遊びにくるね」と、大きな唇にお別れのキス!
(鼻の横に載せたおやつを欲しがっているだけですが…)。
 
キス!
 
 
以上、「【犬旅】洞爺山水ホテル 和風(わふう)」のレポートでした。
 
 
 
 
今回は、「犬連れ」としての内容でしたが、もちろん、犬連れじゃない方でも十分楽しめる温泉旅館だと思いました。
 
「犬OKの客室」は、館内の奥の方に集まっているので、「犬が苦手なお客様」にも十分配慮されているようでしたよ。
 
 
「犬連れ旅」を楽しむ立場の人が、「犬が苦手な人がいる事」を常に意識して行動できれば、
 
「洞爺山水ホテル 和風(かふう)」さんのような「犬連れ歓迎」のお宿がどんどん増えてくるかもしれませんね。
 
 
 
 
 
次回は、「【犬遊】流氷を見に行こう」をレポートします。

2011/01/22 23:27洞爺湖・室蘭コメント(0)


2011/01/22[この記事のエリア] 洞爺湖・室蘭
【犬旅】洞爺山水ホテル和風(かふう)~1日目
我が家のお父ちんの口癖…
 
「お正月に温泉旅館でのんびりしたいなぁ。できれば部屋食がいいなぁ…」
 
 
それに対して、「お正月に部屋食の温泉旅館なんか高いだけやって。そもそも大型犬3頭OKの温泉旅館なんか絶対ないって。」と反論するぐーたらママ。
 
 
 
しかしっ!北海道にはあるのです!
 
 
 
「大型犬でもいいですよ。お食事はお部屋です。温泉は源泉かけ流しになります。え?大型犬が3頭?どうぞどうぞ、ぜひ、いらしてください。」
 
と、快く引き受けてくれる温泉旅館がっ!
 
 
洞爺湖温泉にある「洞爺山水ホテル和風(かふう)」さんです。
 
 
↓とても立派な温泉旅館です(ぐうたび掲載の写真より拝借したので冬の外観じゃないけど…)
 
和風2.jpg
 
 
チェックイン時間に駐車場に車を停めると、スタッフの方がニコニコ笑顔で出迎えてくれて、
 
「お車はこちらで移動しておきますので、お荷物とワンちゃんを玄関でおろして頂いて
 
結構ですよ」と優しく声をかけてくださいました。
 
人間の荷物より犬の荷物(ソフトクレートが3頭分)が多い我が家にはとても嬉しい
 
お言葉です♪
 
 
 
↓玄関を入ってすぐ目の前に大きな「和風(かふう)」の文字がどど~ん!
 
 026.JPG
 
 
↓ぐーたらママがフロントでチェックインしている間、お父ちんと3ゴルは玄関で待機していました。
 
和風でチェックイン
 
 
犬OKの宿であっても、犬連れ用の出入り口が一般のお客さんと別になっている宿が多いので、
 
フロントで「犬はどこから入ったらいいですか?」と尋ねたところ、
 
「ワンちゃんもロビーを通って頂いて結構ですよ。」とこれまた驚きの対応です!
 
 
↓あらかじめ外で「チッコ&ウンウン」をさせてから「お邪魔しま~す」とロビーから堂々と
チェックインさせていただきました。まさに、「欧米かっ!」って感じですね。
(もちろんロビーではリードを必ず付けてくださいね。この写真は撮影用に犬に「待て」をかけています)
 
ロビー
 
 
この日は我が家以外にも犬連れのお客さんがたくさん来たので、犬を連れた人が館内をウロウロ。
 
「温泉旅館」とは思えない光景にぐーたらママは感動しきりです。
 
 
スタッフの方がお部屋まで「ソフトクレート3頭分」を運んでくれたので、
 
「犬連れに対する注意事項はないのですか?」と尋ねたところ、
 
「おうちで過ごされているように、お部屋ではリードを外して頂いて結構ですよ。
 
それでは、ゆっくりとお寛ぎください」とだけ…。
 
「犬連れ」であることがまるで「特別ではなく当たり前の事」の様な「お宿の姿勢」
 
さらにぐーたらママは感動しきりです。
 
 
↓「夫婦2人に大型犬3頭」なのに「和室15畳」の広々としたお部屋でした。
犬OKの部屋なのに、畳にシミもなく他の犬の臭いも全くしません。
まぁ、犬を飼っている人間はそんな事は気にならないのですがね。
 
犬と泊まったお部屋
 
 
↓チェックインの時に「ヤギミルクでできた犬用おやつ」のプレゼントを頂きました。
エールもヴィエナもシャロンも大喜びです。
 
犬用おやつの特典付
 
 
人間たちは、犬を部屋に留守番させて、早速「源泉かけ流しの温泉」を堪能です。
 
こちらの宿のお湯はとてもなめらかで肌触りが良く、ぐーたらママの乾燥肌が「すべすべつるつる」になりました。
 
滞在中にぐーたらママは5回、お父ちんは6回も入りましたが、湯あたりもしないし、
 
体が温まって寝付きが良くなり、胃腸の調子もすごく良くなったような気がします。
 
 
 
 
さぁ、いよいよ待望の夕食タイムです。
 
 
 
 
と、その前に…。
 
 
 
↓犬達には「ソフトクレート」に入って頂きましょう。
夕食はゆっくり落ち着いて食べたいからねぇ。
※このソフトクレートは軽くて小さく折りたためるので犬連れ旅行の必需品です。
 
ハウスに入る犬たち
 
 
★犬連れ旅行のわんポイント★
 
我が家の犬達は「どこに連れて行っても大人しくしていられるように…」と、日頃から「ハウストレーニング
 
(ハウスの中で大人しく過ごす訓練)」をしています。
 
飼い主が温泉に入っている間にワンワン騒いだり、施設を破壊したりして、外出先で迷惑をかける事を
 
防ぐためでもありますが、もっと大事な理由があります。
 
それは、「知らない場所で過ごす事による不安やストレスを犬に与えない」ためなのです。
 
飼い主が「犬と一緒に旅行がしたい」と思っても、犬の性格によっては「知らない場所に連れてこられるより、
 
住み慣れた家にいたい」と思う子もいます。
 
幸い3頭とも知らない場所でもすぐに馴染む性格ですが、やはり自分の匂いがついたハウスの中が
 
一番落ち着くようです。
 
日頃から、いろいろな場所に連れて行って環境に順応させたり、ハウスなどの「安全地帯」があれば
 
どこででも落ち着いて過ごせるようにハウストレーニングを入れておくことをお勧めします。
 
「和風(かふう)」に来ていた他のお客さんも「クレート」を持参している人がたくさんいました。
 
 
 
 
さて、お待たせしました。こちらが「和風(かふう)」の夕食です!
 
 
↓すごいボリューム!大きな膳1つと小さな膳2つで一人分のお料理ですよ。
牛肉の野菜巻き、アワビ、牡蠣の柳川、ひつまぶし、豆腐のあんかけ、新鮮なお刺身が特に美味しかったです。
大食いのお父ちんもぐーたらママも大満足!お父ちんは何度も「う、うまい。」と唸っておりました。
 
和風の夕食(部屋食)
 
 
↓夕食の後は、宿の目の前にある「洞爺湖温泉街イルミネーションストリート」でお散歩タイムです。
光のトンネルをくぐりながら、「綺麗やねぇ」とウットリ。不思議とトンネルの中が温かく感じます。
 
洞爺湖イルミネーションで歩く
 
 
 
お散歩タイムで冷えた体も、ふたたび温泉に入ってホカホカにしてから、ぐーたら一家はゆっくり眠りにつきました。
 
 
≪2日目に続く…≫

2011/01/22 22:36洞爺湖・室蘭コメント(0)


2011/01/19[この記事のエリア] 洞爺湖・室蘭
はじめまして。ぐーたらママです。
はじめまして。このたび、ぐうたびブロガーとしてブログを書かせて頂くことになりました「ぐーたらママ」と申します。
 
「北海道大好き」が高じて、約8年前に大阪より移住して来た、コテコテの「関西人」です。
 
自宅にはもちろん「たこ焼き器」があるし、北海道に来るまで「中濃ソース」を知りませんでした。
 
ゴミは「投げる」ではなく「ほる」と言います。
 
 
「そもそも、大阪の人間に北海道の情報を伝える事ができるんやろか?」と疑問に思ったのですが、
 
思い切って「大阪人の目で見た北海道」を発信していこうと決意しました。
 
 
さらに、我が家には「ゴールデンレトリバー」が3頭もいます。
 
「犬を飼っている人間は、旅行に行く事ができるの?」
 
「ぐうたびって宿予約サイトなんだから、宿情報を発信できなきゃだめでしょ?」と
 
思われるかもしれませんが、北海道には犬を連れて遊べる場所や泊まれる宿がたくさんあります。
 
むしろ、夏は涼しく、冬は雪遊びができるので、本州にいた頃よりも犬とでかけるチャンスが増えました。
 
だから、「犬を連れておでかけできる場所」や「犬と一緒に泊まれる宿」など、「犬連れで北海道を楽しむ」を切り口とした
 
テーマで情報を発信したいと思っています。
 
 
それでは、これからもよろしくお願いいたします。
 
 
次回は、お正月に行った「犬連れ温泉旅館」についてのレポートです♪
 
 
 
写真は、洞爺湖温泉街のイルミネーションストリートに設置された約70mのイルミネーショントンネル。
40万球以上の電飾で飾られていて昼間のように明るくて綺麗です。
冬期間だけなのでぜひ訪れてみてください(12月中旬~2月中旬)♪
 
洞爺湖温泉イルミネーションストリート

2011/01/19 23:54洞爺湖・室蘭コメント(6)



ぐーたらママ

Profile

[ 名前 ]
ぐーたらママ

[ 職業 ]
犬の訓練士になりたかった会社員

[ 自己紹介 ]
「北海道好き」が高じて大阪から移住してきたぐーたら夫婦です。ペットOKのお宿やカフェの紹介、自然散策や釣り、キャンプなど北海道で気軽に楽しめるアウトドアの他、ワンボックスを「なんちゃってキャンピングカー」に改造して楽しんでいる車中泊などなど…。犬連れ旅におけるマナーを守るための躾や訓練にも触れながら、「犬と一緒に北海道を楽しむ」という“切り口”で情報を発信していきたいと思います。
主な出演者は、一家の大黒柱「お父ちん」、いつもポジティブな大阪人「ぐーたらママ」、セラピードッグ&北海道嘱託警察犬の「エール(メス・7歳)」、セラピードッグの「ヴィエナ(メス・5歳)」、セラピードッグ&雪崩救助犬&北海道嘱託警察犬の「シャロン(メス・4歳)」(全てゴールデンレトリバー)です。


RSSを購読する


他のエリアBLOG