ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG ふらのら日記 > 2013年2月


ふらのら日記

[担当エリア] 富良野・美瑛・トマム
私にとっての日常は、誰かにとっての非日常。どうってことないことを綴ります。



2013年2月


2013/02/08
女性の皆様へ

12月に受けた、市の子宮がん検診に引っ掛かり、
1月7日、旭川がんセンターで再検査、
一週間後にその結果が出て、
初期の子宮がんであることが判明、
29日に旭川市立病院に入院、手術をしました。

って書くとビックリでしょ?(笑
私も文になったものを読むと、大変だ!という気がします☆
昨日、術後の病理検査の結果が出て、
その後の転移が見られないということで、無事、完治!となりましたので、
皆さんに告白することにしました。

私にとって、がん検診に行ったのがこれが初めてだったんです。
30歳を越えてから、乳がんや子宮がんといった女性のがんの検診に、
行かなければならない、てことはわかってたんですが、
怖いというか面倒というかで、結局、スル―してきました。
そういう方は多いのではないでしょうか。

でも昨年は40歳になったということで、
市の検診でできるすべてのがん検診を受けてみよう!と、
思い、胃・肺・大腸・乳・子宮の検診を受けました。

初の子宮がん検診でがんが見つかるなんて…
私ってばなんて勘が鋭いのでしょう(笑)
昨年も、やっぱりいつものようにスル―していたら、
来年くらいの私のがんはどうなっていたんだろう、と思うとゾッとします☆

私のは、子宮頚がんの初期のもので、5年後の生存率100%という、
必ず治すことができるレベルのがんでした。
子宮の入り口の部分を、円錐状に切り取る手術で、
手術じたいは15分くらいで終わったそうです(全身麻酔だったので私は知りません)。
しかもその部分はカメレオンのように再生するので、
(私はもうそのつもりはありませんが)その後ふつうに妊娠もできます。
そして入院も1泊2日、退院後もピンピンしていまして、
薬なんて一粒も出ていません。
バイトも3日間お休みをいただいただけで済みました。

何か自覚症状が出てから、病院に行って、そこで子宮頚がんが見つかる人は、
もっと大変です。
子宮を摘出しなければならないし、抗がん剤の副作用とも戦わなければなりません。
手術はもっとおおがかり、入院も通院も長く続き、
お仕事はやめなければならないかもしれないし、お金もすごくかかります。
体の負担も大きいです。

とにかく、何も自覚症状ないよ、といううちに、
早く見つけることがポイントなのです!

女性のがんには、今や22人に一人がなります。
22人に一人と言えば、商店街の福引でボックスティッシュが当たるくらいのもんです。
私だけはならない、なんて言えません。
早期発見で100%治せるのに、
昨年までの私のように「怖いし、別になんともないし、まぁそのうちに…」なんて言ってる人が多いのでしょう、
乳がんで12700人、子宮頚がんで6500人、
毎年毎年、これだけの方が亡くなっているのです。
もう、どうして早く検診行かなかったの!と悔しい思いです。
中畑監督の奥様が亡くなったのも子宮頚がんでしたよね。
そして、生きてはいるけど戦っている人、はこの何倍もの人数です。
入院している時に別室にそういう患者さんいらっしゃいましたけど、
ホント大変そうでした。

まだ検診を受けたことがない人、
大昔に受けたけどしばらく行ってない人、
お願いだから検診を受けて下さい。
私は自分がなってから、女性を見ると「検診受けなさいよ!」としつこく言う、
うるさいオバチャンになっております(笑)
だって、私のまわりにいる、大好きな女性の友人たちには、
そんな思いをして欲しくないですもの…

早期発見じゃないがんと闘うのはホントに大変ですよ!
今の生活がガラリと変わっちゃいますよ!
お金もめっちゃかかりますよ!
がん保険に入ってるから大丈夫、って人も、規約をよく読んでみたらいいですよ、
一発目のがんにはおりるけど、再発のがんにはおりない保険がけっこうありますよ!
進んでしまってるがんは再発の可能性が高くなりますよ!
がん治療は最先端医療(先進医療)といって保険外のものが多く、
注射一本10万円、とかありますよ!

脅してばかりで申し訳ないのですが、
これを読んで怖いなあと思ってもらえたら、
是非検診を受けて下さい。
今後、私の周りからは絶対に女性がんの死亡者を出さないぞ!というつもりで、
これからも啓発活動をしていきたいと思います♪

2013/02/08 10:31コメント(0)



大槻みどり

Profile

[ 名前 ]
大槻みどり

[ 職業 ]
陶器ギャラリー・カフェ経営

[ 自己紹介 ]
築60年の廃屋を自分たちで直し、2005年春に陶芸ギャラリー・体験工房「野良窯」をオープン。翌年、「カフェノラ」もオープンさせました。十勝岳連峰と芦別岳を望み、ぐるり360度をたまねぎ畑に囲まれたロケーションで、陶芸家の旦那さまと、政宗という犬とともに暮らしています。カフェだけでは食べていけないのでバイトもしつつ、「あせらず・無理せず・流されず」の精神で、現金はなくとも豊かな暮らしを満喫しています。好きな物は鉄道旅・納豆巻き・炭酸・ライブ・スノースクート。トレインスポッターズという名でバンド活動もしています。


RSSを購読する


他のエリアBLOG