ぐうたびTOP > ぐうブログ > エリアBLOG ふらのら日記 > 2011年4月


ふらのら日記

[担当エリア] 富良野・美瑛・トマム
私にとっての日常は、誰かにとっての非日常。どうってことないことを綴ります。



2011年4月


2011/04/28[この記事のエリア] 富良野・美瑛・トマム
ビニールハウス、完成!...?

ノラ畑に建てていた、テントを使ったビニールハウス…
タッキーが手伝いに来てくれて、無事にビニールが貼られました!
110427_135939.jpg
うーん、やっぱりテントだと「焼き肉ハウス」に見えちゃう?(笑

なんせもともとはテントですから、風と雨対策にかなり頭を使ったようです。
タッキー、お手伝いとアドバイスありがとう!

近所の農家さんも完成を喜んでくれました♪
プロの皆さんから見ると、ド素人のやることは吹き出すようなことばかりで、
おもしろいようです(笑
一瞬にして風に飛ばされたとしたら、ごめんなさい!

家の中では、トマト、ミニトマト、ナス、ピーマンなど、
種から育てた苗が順調に育っています。
110427_155509.jpg
画像以外にもまだまだあるんですよー!

ビニールハウスへの植え替えは、まだ先になりそうです☆

ノラ畑で今採れるのは、ギョウジャニンニクとワサビだけ。
今日はワサビを少しだけ掘りました。
110428_142823.jpg
ワサビ掘るのってすごく力がいるんですよ~
だから、雨と雨のはざまの、ちょうど土が柔らかくなってる時に、
今がチャンス!と掘りました。
でも尻もちついて、おしりドロドロ~(笑

2011/04/28 14:33富良野・美瑛・トマムコメント(0)


2011/04/21[この記事のエリア] 富良野・美瑛・トマム
カブでチョロチョロ

本当はめいいっぱい乗りたかったんですが、
天気予報が雨マーク☆
ということで空模様と相談しつつ、午後から近所をちょろちょろしてみました!
110421_141759.jpg
いやあ、かっこいいな~私のカブ子♪うっとり♡
ヤスもベニックス始動。
110421_142242.jpg

乗り始めと乗り納めはSさんのところって決めてます。
カブ子の整備をしてくれた、クラシックバイクの親分にまずはご挨拶。
すぐさま、マフラーの穴の修理をしてくれました!
110421_135021.jpg
Sさんはちょうど、手前にあるヤマハのボビーというバイクを直していたところ。
こちらも、35年くらい前のバイクです。

一度家に戻ってきてから、町内のいんでぃさんちへ、
ログハウスを見に行きました。
110421_143510.jpg
昨年、見に来た時よりもかなり進んでいました!
こんなにデカイものをセルフビルドしてるんだからすごいですよね~☆
作業中にお邪魔しました!!

雨が降りそうで降らないので、
いんでぃさんに教えてもらった「カブでトコトコ散歩するのにオススメのルート」に、
チャレンジしてみることにしました。
富良野に住んで6年半になりますが、こんな道があったのは知らなかった!!!
なんてったって、鉄ちゃんにはたまらないルートです!
だって、鉄橋の下をくぐるんですもの♪
110421_150722.jpg
次は時刻表をチェックしてちゃんと汽車が来る時にここに来よう!と思いました。
他にも、こんなに近寄れちゃう絶好ポイントも♪
110421_150042.jpg
誰もいないし信号もないから怖くないし、緑が多くて気持ちいいし、
お天気のいい日にまた走ろうと思います!
 

2011/04/21 23:32富良野・美瑛・トマムコメント(0)


2011/04/21[この記事のエリア] 富良野・美瑛・トマム
ノラ畑、始動!

今日はお天気が良くて風もなかったので、
ノラ畑の作業をしました!

…全部、ヤスがやるんですけど☆

肥料をまいて、耕運機で耕しました!
110420_114144.jpg
ギョウジャニンニクは、すでに姿を現しています♪
110420_114601.jpg
裏の芦別岳にはまだ雪がいっぱい。
110420_114647.jpg

さて、今年のノラ畑は初の試みがあります!
それは、ハウスを建てること。

ビニールハウスって、正しいものを建てようとすると、
すごくお金がかかるんです。
なので、お金のない我が家は、今まで豚ライブの時に使っていたテントのひとつを、
ビニールハウスにしちゃうことにしました!
かけるビニールも、近所の農家さんのおさがり♪

テントの骨組みだけでは弱いので、垂木を組んでいるところ。
110420_154023.jpg
すぐさま裏の農家さんが近付いてきて「これ、ハウス~?うふふ!大きいね~」
と面白がって行きました♪

どんなのができるか、完成写真をお楽しみに♪

薪割り作業も順調でーす!
110420_114844.jpg

2011/04/21 00:35富良野・美瑛・トマムコメント(0)


2011/04/18[この記事のエリア] 富良野・美瑛・トマム
ウロコダンゴ

今日は営業終了後にカブに乗ろうと思ってたのですが、
珍しいことに閉店時間になってもお客様がいっぱいいてくれてまして、
ヤスと旅人Aさんだけがバイクで出かけて行きました。
深川の道の駅まで行ってきたそうです。
カブの私がいたらそんなところまで行けなかっただろうから、これで良かったのかな。

そんな私に旅人Aさんが買ってきてくれたおみやげは…
110418_181445.jpg
ウロコダンゴ!

この、なんともいえないレトロなパッケージがたまりませんね~

と思ったら、「ウロコダンゴTシャツ」や「ウロコダンゴトートバッグ」もあるんだそうです(笑


実は、お友達にウロコダンゴ好きがいまして、

彼のブログにはよくウロコダンゴが登場していたのです!
初めて食べたけど、ホントおいしいね~これ!誰か止めて!


しかも!中の箱にはこんなイラストが!
110418_205906.jpg
大正2年に留萌線が開通した時にその記念として誕生したんだそうです。
基本、駅で売られるお土産だったようですね。
だから、「食べ終わった後はデッキのくず入れへ」というようなことが書かれていました(笑

帰ってきた後、3人で今年2度目のジンパをしました!
110418_183317.jpg
今日は最後まで寒くなかった!春になったのですね~♪
昨年はあんまりできなかったので、今年はいっぱいやるぞ~!!!
カブにも早く乗りたい!

2011/04/18 21:42富良野・美瑛・トマムコメント(0)


2011/04/15
納豆

納豆がキライな人はたくさんいますが、
納豆を愛してやまない人もたくさんいます。

私も愛してやまない一人。

震災の影響で、納豆とヨーグルトが品薄、という話を聞きます。
北海道は各地で納豆が生産されているからか、
こっちでは品薄だと感じたことはありません。
普通のヨーグルトも変わらず店頭に並んでいますが、
飲むヨーグルトは、確かになかなかありません…。

納豆じたいが作れないんじゃなくて、納豆のパックが足りないみたいですね。

納豆のパックと言えば!
前々から思っていたことがあります。

私のように、納豆を愛してやまない人ならば、きっと同意してくれるはず…

納豆はどのメーカーのでも、だいたい決まったサイズのパックに入っています。
四角いの2~4パック入り、丸いカップ型の3~4つ入り、というのが多いですね。
でも、愛してやまない者にとって、あの1パックの量は、
お茶碗一杯のごはんに対して、ちょっと足りないと思うのです!
みなさんあれで足りてるんでしょうか??
私は最初のうちかなりガマンしながら食べ進まないと、最後までもたないです!
かと言って2パックじゃさすがに多い。

だから、愛してやまないチームのために、
1.5倍サイズのパック納豆を発売してくれたら!!!

と切に願います。

ついでにもうひとつ言わせてもらうならば!

家族みんなの分の納豆を、ひとつの大きめの器にいれて、
みんなで取り分けて食べることがありますよね。
ネギを入れたり卵をいれたり、豪華納豆にしたりして。
家族のなかでも、ごっそり食べる人もいれば少しでいい人もいますものね。

そういう時、あの小さなパックからひとつずつチマチマと出すの、
大変だと思いませんか?
納豆パックのゴミって、ゴミの中でもイヤなゴミのひとつですよね。
それが3つも4つもできちゃって、どっかについて糸が引きまくったり…

だから、家族用のビッグサイズのパック納豆!なんてのがあったらラクチンなのに!
そしたら一発で終わるのに!
業務用、みたいのであるのかな~と思ったけど、
そういう施設で働いていた時も、納豆だけは一人一人のパックでした。
そんな大きなサイズのパック納豆は見たことがありません。

まあ、そんなワガママをかなえるためには、
工場の生産ラインを増やさなければならないのでしょうから、
そのくらい我慢してよ、と言われたらそれまでなんですが(笑
だからネバるのはやめときます(シャレ


さて、話は変わって、
借りて読んでる本は宮部みゆきの小暮写真館。
110415_003224.jpg
表紙は小湊鐡道です♪
といっても(今のところは)鉄道の話ではないんですけどね。

実は、この本を貸してくれたのは、
私が女子大生だった頃、学校の図書館の司書さんだった方なんです。
20年も経って、また彼女から本を貸してもらうなんて、感激!
ありがとうございます♪
またいろいろ貸してくださ~い!

2011/04/15 01:03コメント(4)



大槻みどり

Profile

[ 名前 ]
大槻みどり

[ 職業 ]
陶器ギャラリー・カフェ経営

[ 自己紹介 ]
築60年の廃屋を自分たちで直し、2005年春に陶芸ギャラリー・体験工房「野良窯」をオープン。翌年、「カフェノラ」もオープンさせました。十勝岳連峰と芦別岳を望み、ぐるり360度をたまねぎ畑に囲まれたロケーションで、陶芸家の旦那さまと、政宗という犬とともに暮らしています。カフェだけでは食べていけないのでバイトもしつつ、「あせらず・無理せず・流されず」の精神で、現金はなくとも豊かな暮らしを満喫しています。好きな物は鉄道旅・納豆巻き・炭酸・ライブ・スノースクート。トレインスポッターズという名でバンド活動もしています。


RSSを購読する


他のエリアBLOG